ペルセウス座流星群 2016 in ひまわりの里

8月12日の夜にピークを迎えたペルセウス座流星群を見に、北海道雨竜郡北竜町の「ひまわりの里」へ行ってきました。

「ひまわりの里」に行ったのは確か3回目なのですが、夜中は初めて。24時間開放されているとは知りませんでした。駐車場やトイレもあるので便利です。

24時間開放されている割に、ひまわりを見せるための照明などはなく、なぜ開放しているのかちょっと謎。いえ、星の観察にはありがたいのですけど。足元がまったく見えないくらい真っ暗。赤色ライトなどを持っていくといいです。
駐車場に近いとトイレや自販機がまぶしいのでちょっと離れた適当な場所を陣取ってセッティング。ポータブル赤道儀ポラリエは機能の割に小さくておすすめです。22時ごろに到着しましたが、まだ月明かりがあったのでテストも兼ねて適当に撮りたいものを撮影してました。

perseids-2016-1

カシオペア座。中央右の方にはアンドロメダ銀河が微妙に写ってる。

0時前、ようやく月も沈んで絶好の流星群観測チャンス!放射点はペルセウス座ですが、派手な星空が好みなので夏の大三角を狙い続けました。

perseids-2016-2

色の変化がわかってきれい!

perseids-2016-3

これはかなり明るかったです。この後しばらく流星痕が残っていました。露出10秒で連写していて30枚ほどの間残っていたので、5分くらいは残っていたみたい。さすがに肉眼ではそんなに見えていなかったけど。

最終的に一晩で100個近くは流れ星を見れたんじゃないかなぁと思います。

明るくなりはじめたら撤収作業を始め、そのままひまわりを楽しみました。この時期の「ひまわりの里」は、昼間は暑く人も多いですが、早朝は涼しいし誰もいないので写真も撮りやすいし。ひまわりは東を向いているので順光で撮れるのもいいかも。

perseids-2016-4

ひまわり、あんまり綺麗に撮れなかった……。偏光フィルター持っていけばよかったなぁ。

せっかくひまわり畑の真ん中にいたのでひまわりを入れた星景写真を撮れたらよかったんですが、広角レンズを持ってないんですよね……。いつかほしい。

ちなみに、花畑の真ん中だったので虫がすごかったです。虫除けスプレーを持っていったのですが、それでも相当刺されました……かゆい……。行こうと思った方はそれなりの装備でどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク