PS4のキャプチャがあふれすぎて困るのでGoogle Photosで管理することにした

PS4はSHAREボタンを押すだけでスクリーンショットもプレイ動画もとれてしまうので、あっという間にストレージが大変なことに……。

わたしは今『ファイナルファンタジーXIV』を遊んでいますが、高難易度コンテンツのミス確認などでプレイ動画をどんどん撮っているので、容量が大変なことに。まぁそれは見返したら消しちゃうものなのでアレですが、それ以外にも自キャラのララフェルがかわいすぎるのでスクリーンショットが増えて増えて……。

で、その管理についてなんとかせねばと考えたところ、Google Photosを使うことにしました。

理由は以下の通り。

  • 静止画と動画をまとめて管理できる
  • 容量を気にする必要がない
  • スマホやタブレットで見ることができる

Google Photosは、静止画は1600万画素、動画は1080p(フルハイビジョン)までなら無料で無制限にアップロードできます。PS4のキャプチャなら静止画・動画ともに問題ないです。無料で無制限に使うためには再圧縮されることを覚悟しなくてはいけませんが、使ってみたところそれほどひどい画質にはなりません。むしろわたしごときにはわかりません。再圧縮されてるんですが?

ともかく、これでローカルの容量を心配する必要もなくガンガン保存でき、寝る前に布団の中で高難易度コンテンツのプレイ動画を見て反省することもでき、エオカフェなどでみんなで集まった時には人に見せることもでき、TwitterやLINEなんかでモーグリの煽り画像を送りつけることも簡単にできるようになります!

ただ、この管理方法もちょっと残念な点があります。

PS4のキャプチャはUSBにコピーした時点が作成日時になってしまい、そのままGoogle Photosにアップロードすると、時系列がちょっと残念なことになります。あまり溜め込まずにコツコツコピーすればたいした問題ではないんですけど。まぁなかなかね……めんどくさいんですよ。ゲームしながらその裏で、ってこともできないですしね。

ということで、Macアプリ『Restore Timestamp PS4』を作りました。

PS4のキャプチャはファイル名に実際の保存日時が入っているので、その日時でタイムスタンプを書き換えるアプリです。これでタイムスタンプを書き換えたあとでGoogle Photosにアップロードすれば、ちゃんと時系列で並びます。やったね!

※当アプリケーションを使用したことにより生じたいかなる不利益も作者は一切責任を負いません。

開発環境が整っていたのでとりあえずMac版を作りましたが、要望があればWindows版も(わたしかわたしでない誰かが)作ります。不具合があれば教えてくれると嬉しいです。アイコンがデフォルトのままなので誰かアイコン描いてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク