インターバル撮影した画像から微速度映像を作成する「Time Lapse Assembler」を使ってみた

f:id:lyra-e:20130811214618j:plain

 

今朝、ペルセウス座流星群を見に行きました。星空の撮影が趣味なので、もちろん撮影もしました。たくさんインターバル撮影をしたので、初めての微速度映像作成に挑戦です。PhotoshopやQuickTimeなんかを使ってもできるそうですが、めんどくさそうなので調べていたところ、「Time Lapse Assembler」という素敵なアプリを見つけました。なんと無料。

 

アプリケーションフォルダにコピーして、起動するとこんな画面。

 

f:id:lyra-e:20130811223120p:plain

 

撮影した画像は1つのフォルダに入れておき、そのフォルダを選択。フレームレートや圧縮率を選択してEncodeを押すだけ。しばらく待つと完成します。そして完成した動画がこれ!

 

 

簡単だ!流れ星は3つほど写っているのですが、動画にすると全然分からないですね……。分かるのは衛星です。

 

しかし、微速度映像は素材が少ないとつまらないですね。あとポータブル赤道儀で追尾してるのもイマイチかも。うんと広角で夜が明けるまでの星景写真とかっていうのが憧れるなぁ。

 

しかし、今回初めてレンズの結露に悩まされました。聞いてはいたんですけどね。そろそろ対策を考えなくちゃ。

 

Panasonic マイクロフォーサーズ用 8mm F3.5 単焦点 魚眼レンズ G FISHEYE H-F008

Panasonic マイクロフォーサーズ用 8mm F3.5 単焦点 魚眼レンズ G FISHEYE H-F008

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク